中古携帯買取ナビ

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 中古携帯査定の流れ
中古携帯査定の流れ

中古携帯を買い取ってもらうためには、査定から買取までの流れをしっかりと把握しておくことが重要です。
必要な書類を用意していなかったり、正しい手続きを踏まなかったことで買取不可になったり、買取金額が大幅に減額されてしまう場合があります。

まずは見積もり査定です。
メールや公式サイトからの記入フォームから依頼することになります。
この際、使用している機種の情報や状態について記入することになりますが、これが事実に反していたり、不十分だった場合は実際の査定の際に金額が大幅に減額されてしまったり、買取を断られてしまうこともあるので注意が必要となります。

査定金額に納得がいった場合には、実際の買取となります。
この場合、店舗に直接持ち込むか郵送するかの選択肢があります。
どちらの場合でも業者側が用意した買取申込書が必要で、必要事項をしっかりと記入したうえで携帯端末に同封することになります。
この申込書に不備があった場合にも、買取ができなくなってしまうこともあります。
また買取申込書にはデータの消去など注意事項が記載されていることもあるので、しっかりと目を通しておくようにしましょう。
また、未成年者が買取を希望する場合には買取同意書も併せて記入・提出する必要があります。
これらに身分証明証のコピーを用意すれば準備完了です。

実際の査定を受け、買取金額が決まった場合は最終確認が行われ、同意すると指定口座に買取金額が振り込まれるか、現金書留で郵送されることになります。
買取金額に納得がいかずに拒否した場合には送料をこちらが負担したうえでの返却となります。

関連エントリー
Copyright © 2009 中古携帯買取ナビ . All rights reserved