中古携帯買取ナビ

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 買取不可な中古携帯
買取不可な中古携帯

使わなくなった中古携帯を買い取りに出す際、場合によっては買取不可とされてしまう場合もあります。
では、どのような中古携帯が買取不可とされてしまうのでしょうか。

まず挙げられるのが古すぎる機種です。
あまりにも古い機種の場合、需要がない、サービスが終了しているなどの理由で買取を断られてしまうことがあります。
代表的なところではNTTドコモの「mova」、auの「CDMAX1x」、ソフトバンクの「2G」などです。
その他にも、古く過ぎて買い取ってもらえない端末がいくつかあります。

それから故障していたり、動作不良を起こしている端末です。
これらも中古商品として適さないという理由で買い取りを断られてしまう場合があります。
ただし、修理が可能、あるいは人気機種の場合などは故障していても買い取ってもらえる場合があります。
また、この場合は業者ごとによって判断が異なってくるので注意が必要です。

また表面の状態がよくない端末です。
キズや凹みがたくさんあるのはもちろん、落書きやシール、ペイントなどが施されている携帯も買取が断られてしまいます。
このケースは非常に多いだけに、買い取ってもらうためには事前によく落としておくことが重要になります。
その他電池パックが欠損している、強制解約された端末なども買取不可となってしまうので注意しましょう。
もちろん、盗難品は問題外です。

ある業者では買取を断られたけれども他の店では大丈夫、という場合もあります。
もし今回挙げたようなケースに当てはまっている端末の場合は、事前に業者に問い合わせてみるとよいでしょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 中古携帯買取ナビ . All rights reserved