中古携帯買取ナビ

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 中古携帯の買取ポイント
中古携帯の買取ポイント


中古携帯の買取では、どんな機種かが査定のポイントになることはもちろんですが、状態も重要になります。
新品同様で綺麗な状態であることか望まれることはいうまでもありません。
では、中古携帯の買取・査定ではどのような点が重視されるのでしょうか。

買取査定では通常状態によって4~5段階で評価されています。
A~ランク、あるいはS~ランクといった形です。
まず表面の状態です。
新品同様、ほとんど傷がない状態を最上位ランクとし、少しキズがある状態だけれどもきれいな状態、キズのほかに塗装のハゲなどが目に付く状態、さらに凹みなどが見られる状態へとランクダウンしていきます。
特に塗装のハゲは使用していると、どうしても目立つようになるので査定の際の重要なポイントとなります。

それから使用期間です。
表面の状態とは別にどれだけの期間使用していたかも、買取査定のポイントとなってきます。
未使用品は別として、最も評価が高くなるのが1ヵ月未満、続いて2ヶ月未満、半年未満、半年以上といったランク分けをしていることが多いようです。
このランク分けは業者ごとに若干異なってきますが、どこでも1年以上使用したものは低いランクとして扱われるようです。

このように、同じ機種でもこうしたランク分けによって買取金額に大きく差が生じることになります。
思ったよりずいぶんと買取金額が低かった、などと後悔しないためにも中古携帯の買取を検討している場合には、自分の携帯がどのような状態でどの程度使用したかをチェックしておくとよいでしょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 中古携帯買取ナビ . All rights reserved