中古携帯買取ナビ

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 白ロムについて
白ロムについて

中古携帯の買取を利用する際に重要になってくるのが、「白ロム」という概念です。
中古携帯の販売があまり普及していない日本では、知名度が低い言葉ですが、海外では広く知られた概念となっています。
この白ロムとは個人情報がすべて消去され、SIMカードが抜かれた状態の携帯電話のことを言います。
それまで利用していたデータがすべて消去され、まっさらな状態になった状態なのです。

たとえばNTTドコモの「FOMA」ならFOMAカードを抜いた状態、auの「WIN」ならauICカード抜いた状態となります。
中古携帯は基本的にはこの白ロムの状態で販売されることになりますし、買取の際にはデータの消去とSIMカードの抜き取りが大前提となるのです。
なお、解約したにも関わらず電話番号などのデータが残っている携帯電話のことを「灰ロム」と呼んでいます。

この白ロムにはさまざまなメリットがあります。
すでに生産が終了してしまった携帯電話を中古市場で購入することができますから、通常の店では入手することができない機種をゲットすることが可能になります。
また価格の高い新機種ではなく、安い旧機種に切り替えたいと思っている場合にもこの白ロムが活躍します。
また事故やミスなどで携帯電話が壊れてしまった場合などに、電話番号やメールアドレスを変更することなく手軽に機種変更ができるのも魅力です。

このように、白ロムにはさまざまなメリットがあります。
それを支えているのが中古携帯の買取業務なのです。
使わなくなった端末を買い取りに出せばお金をゲットできるだけでなく、携帯市場の活性化にも役立つことができるというわけです。

関連エントリー
Copyright © 2009 中古携帯買取ナビ . All rights reserved