中古携帯買取ナビ

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 中古携帯の買取でポイントとなる要素
中古携帯の買取でポイントとなる要素

中古携帯の買取では、機種や状態が査定金額の重要な鍵を握ることはいうまでもありません。
この2つは、査定における最大のポイントとなる要素といえるでしょう。
最新機種、あるいはプレミア価値のついた機種などは、驚くほど高い価格で買い取ってもらうことも可能ですし、逆に傷や凹み、ハゲなど状態がよくない場合にはどんな人気機種でも買取金額は大幅に下がってしまいます。

しかし査定のポイントとなる要素はそれだけではありません。
ほかにも査定金額を上下させる要素は多数あるのです。
もっとも重要なのが使用期間です。
どれだけの期間使用していたかは、表面の状態と同じくらい重視されます。
1ヵ月未満なら新品同様としてかなり高い金額での買取が可能になりますが、1年以上を経過してしまうと評価はかなり低くなってしまいます。

それから意外なところではカラーです。
見栄えのよさ、ファッションアイテムとしての要素も備えるようになっている現在の携帯端末では、カラーも査定の重要なポイントとなります。
同じ機種、同じ状態でもカラーの違いによって査定金額に大きな差が生じる場合があるのです。
基本的にホワイトが高い評価を得る傾向がありますが、その分汚れやすく、状態の維持が難しいという問題もあります。

メーカーも重要な要素です。
同じNTTやKDDIでも、メーカーによって評価の高い機種やそうでない機種があります。
このように、中古携帯ではさまざまな要素から買取金額が決まってきます。
事前によく把握しておくと後悔のない売却ができるのではないでしょうか。

関連エントリー
Copyright © 2009 中古携帯買取ナビ . All rights reserved